幸せな家族

キメが細かくてツルツルで、潤いたっぷりのすべすべお肌と思われがちな赤ちゃんのお肌は、実はとても乾燥しやすい状態なんです。
お肌の表面つまり角質層の厚みは大人の半分ほどしかないため、水分量が少なくなっています。
また水分の蒸発を防ぐのに大切な肌表面の皮脂量は、生まれてすぐはとても盛んに皮脂を分泌しているのですが、生後2ヶ月を過ぎると徐々に落ち始め、大人の三分の一程度になってしまいます。
そのため、肌の水分がどんどん蒸発して、カサカサになってしまいます。
カサカサになってしまったお肌は、ほんの少しの刺激でもトラブルを起こしやすい状態で、大人と同じように毎日丁寧なスキンケアをしてあげることがとても大切です。

清潔に保つ

赤ちゃんのお肌を守るために、保湿だけでなく清潔に保つことも大切です。
小さい子どもたちは、食べ物を顔中につけてご飯を食べます。
また低い位置をハイハイして回ったりして、ホコリやダニなどの影響を受けやすくなります。
大人に比べてお肌は汚れやすい環境にあります。
乾燥を防ぐための保湿ももちろん大切ですが、お肌を石けんで丁寧に洗って清潔に保つことも、きれいなお肌を守るうえで、とても重要です。
そのとき、ガーゼなどでごしごしと擦ってしまうと、大人よりも薄いお肌は傷つきやすく、細かな傷からばい菌などが侵入してしまう場合があります。
たっぷりの泡を立てて、ママの指で優しく、クルクルと円を描くように洗ってあげましょう。

スキンケア

お肌を乾燥したままにしておくと、肌の表面が傷ついて、雑菌が侵入しやすくなってしまいます。
紫外線や、ホコリ、ダニなど肌にダメージを与える原因から肌をバリアする機能が落ちてしまいます。
最近の研究では、「スキンケアをしている子は、していない子に比べて、アトピーになりにくい」ということがわかってきました。
アトピーは1歳ごろから発症するケースが多く、生まれてから1歳までに保湿などのケアをしっかりしてあげることで、アトピーの発症リスクを軽減することができる可能性があります。
小さいうちからスキンケアの習慣をつけることで、大きくなっても自分でお肌を守るケアをすることができるようになります。
赤ちゃんのうちからママと一緒にお肌を保湿するようにしましょう。

オススメリンク

籠の中に入る

肌ケア体験

うちの子どもも、もう6歳になりますが、赤ちゃんのころはもちろん、今でも冬場の肌トラブルには悩まされていま…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

BACK TO TOP